なにげに工作人 【こうさくにん】
工作人数: 128289
since 2010.04

No.0004

工具収納棚

作業場の工具類が増えすぎて収拾がつかなくなってきたので収納棚を作成しました。
2×4材4本と12mm合板をホームセンターでカットしてもらったものを使用。
2×4材4本に棚板を支える溝を3方向に9mm程度の深さで入れて、棚板側には2×4材の残り部分が入る形の切り欠きを入れて組み合わせました。こういう組手って何ていう名前なんでしょう?←木工を知らなさ過ぎ。

丁度左の画像下段付近に見えているPR20EVS用直線治具を使用したのですが、2×4材4本ともに精度を出す事が出来ず、仮組時から悪戦苦闘。一旦分解後、少々溝を調整して本組み立てでは、なんとか上の棚板2枚を後ろ2本の2×4材に接着したところで接着作業を断念。
とにかく無理矢理組上げてみて、そのまま使用することに決定w

画像では判り難いですが、後側数カ所に捻れ防止に1×4材をきつめにはめ込んであります。

これで余程乱暴な使い方をしない限り大丈夫そう。あとは転倒防止に上部を金具で壁に固定する予定です。後側の2×4材だけ固定されることになるけど、地震程度で前側だけ外れるとかまず無理。木槌やゴムハンマー等を使って相当な力で上下程よい感じで徐々に外していかないと分解出来ません。長年の使用でガタが来始めたころには多分作り直すと思います。

まあ、気が向いたら上部だけでも前後の2×4材を何かで結合するかも。
作業場のスペースの関係でなかなか全景が写真に収まりませんが、棚板8枚、一番下には板無しで直接床置なので都合9段あります。収納力は抜群で作業場がかなりスッキリしました。
ただ、左の画像のクランプ類は、いつかまた別の専用収納を作ってクランプの増殖にも備えたいと思ってます。
棚の端っこに小物をチョイと置けるのは便利です。一応設計段階から写真の小物類が置けるサイズを考えてました。

電灯スイッチは曲者で、こいつのために段の高さ配分にかなり頭を悩ませました。

棚板はジグソーとパームルーターで前側の角を丸めてあります。

サンディングは棚板のみランダムアクションサンダーとタジマサンダーで適当に。塗装は無し。
この記事の工作人数: 12616
センプレ
>>コメントを投稿する
×
コメントを投稿
お名前:
URL:
コメント:
チェック:
上の画像の数字を算用数字半角(123等)で入力して下さい。

お手数をおかけしますがご協力のほど宜しくお願いします。
SOHO家具オンラインショップ Garage
SOHO家具オンラインショップ Garage
©2010 kagoyan